読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

役に立つか?VBAメモ

仕事で使ったVBAをメモっとく

一発範囲指定すりゃ、楽でしょう?

印刷範囲の設定をするときは、一般的に、
 範囲を指定して→ページレイアウトタブ→印刷範囲設定
やりますね。

ページごとに印刷するなら、
 ファイル→印刷→ページ指定
って具合かな?

 

仕事でこれやる時ってまず表なりが定型で作ってあって、値入れれば出来上がり、という場面が多いと思います、多分

1シート内でページごと、範囲ごとに異なる品種なり顧客なりの表など作ってあるのもよく見ます。

その度、必要なページだけ印刷するのに、冒頭のやり方をしているのが普通かな?

まあ違う方もいっぱいいるでしょうが。

 

兎に角、こんな方法はポチポチクリック回数ばかり多くて面倒です。
なので、シートの上部に(いやどこでもいいけど)ボタンを配置して、ボタンを押せば範囲指定をするようにします。

範囲の指定は【PageSetup.PrintArea】で行います。


例)ActiveSheet.PageSetup.PrintArea = "$A$1:$D$10"

セルA1からD10を範囲指定してます。
「""」のプロパティ値を長さ0("")にするとシート全体を指定することとなり、範囲指定が解除されます。


Private Sub CommandButton1_Click()

ActiveSheet.PageSetup.PrintArea = "$A$1:$D$10"

With Sheets("sheet2")
.Select
.PageSetup.PrintArea = "$A$1:$D$10"
End With

Sheets("sheet1").Select
Range("A1").Select

End Sub

Sheet1のA1からD10を範囲指定して、次いでSheet2のA1からD10も指定してます。
最後の2行で元のシートのA1を選択しました。
自動で元の位置に戻ってくれたほうがいいと思いますが、不必要なら削ってください。

 

Private Sub CommandButton2_Click()

ActiveSheet.PageSetup.PrintArea = ""

With Sheets("sheet2")
.Select
.PageSetup.PrintArea = ""
End With

Sheets("sheet1").Select
Range("A1").Select

End Sub

範囲選択解除です。


後は範囲指定毎にボタン(マクロ)を追加していけばいいです。

なんてことはないんですけど、便利です。

 

 

恵川商事 アカパックン 洗濯用 ピンク

恵川商事 アカパックン 洗濯用 ピンク

 

 

これでいい選択ができるよ。

(-_-;)(;-_-) チガウチガウ